<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ビデオテープ

今日の掃除の時間、昔のビデオテープを片付ける時に、何が映っているのか確認作業をしました。
その中に「静岡発!そこが知りたい」というテレビの情報番組で事務所&所長自宅の築1年目の映像を発見しました!(10年以上前の録画テープです)
建物のまわりは何も無く、庭や木々はありませんでしたし、建物内のフローリングもまだきれいでした。
f0047576_20213314.jpg
所長がインタビューを受けてましたが、若かったです!
映像の中の所長は30代なのに落ち着いた雰囲気は変わらずでした。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2007-09-28 20:22 | TV

届きました

f0047576_1831281.jpgf0047576_18313778.jpg










以前にharuさんとnanaさんと常滑のINAXライブミュージアムに行った時に
タイルの色付けを体験しました。たっぷりと釉薬をのせないといけなくて、大変でした。
右が焼く前のタイルです。

それが、今日届きました。
出来上がりはこんな感じです。
反省点もありますが、いい思い出です。
昔のタイルも見ることが出来たのですが、とても技のいる仕事だと思いました。
昔の人はすごいですね。
オリジナルもつくれるそうで、表札としてつくるのもいいのかなと思いました。
f0047576_18314922.jpg

〔kimu〕
[PR]
by FITz-sun | 2007-09-27 18:40 | 建築探訪旅行

彼岸花 つづき

f0047576_13312852.jpg
f0047576_13314275.jpg

これは去年の10/2に 携帯で撮影したものです。
白と思っていたのは 淡いクリーム色。
オレンジも山吹色に近かくて 残念ながら満開ではありませんでした。
帰りながら 同じ場所へ見に行ってみましたが
まだ発芽したばかりで 花が咲くのは1週間くらい先になりそう。。。
〔suzu〕
[PR]
by FITz-sun | 2007-09-27 13:36 | 樹&花

庭山でお月見

Living styleに連載中の所長コラム「スローライフの住宅術」第9回がUPされました。
f0047576_9434627.jpg
今回は『庭山の家』のおはなしです。
私が溶岩石が気になっていたのはこの家の庭づくりがきっかけです。
f0047576_1911934.jpg
溶岩石、三ケ日石の石積みや大きな鉄平石、古い御影石の踏み石など、いろいろな種類の石を使用しても全体的に合っています。
雨水を流すのも既製品の側溝ではなく、左官屋さんにつくっていただいたので、植栽や石の横で違和感無く納まってます。
雨の日は苔もイキイキしていて、築山の流れも小川のようです。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2007-09-26 10:01 | 庭山の家

彼岸花

満開ですね。

何故田んぼのあぜ道に多と思いますか?彼岸花の球根には有毒成分があり 動物や虫よけを目的に植えられていたそうです。今は必要に迫られていないのか それ以外の方法で防いでいるのか 昔に比べて随分花の数が減ってきて 寂しいです。。。

この花は成長過程が変わっていて 花が咲いている時は葉がありません。今は球根の中にあって 花が枯れ冬になって周りの草が枯れた頃 はじめて葉を出しておもいっきり光合成をして 球根を成長させるそうです。
競争の中で得た知恵なんですね。

去年初めて 白とオレンジの 彼岸花を見つけました。
赤ほど個性が強くなく やさしく可憐でした。
また見つけたら UPします。
〔suzu〕
[PR]
by FITz-sun | 2007-09-25 13:35 | 樹&花

住教育

絵本の記事で思い出しましたが、私が最初にこの絵本を読んだのは学生の時だった気がします。

私は学校が家政学部だったので、学部の一般教養に児童学、食物栄養学や家政学などの教科がありました。
家政学は人間の生活の幅広い範囲で、物だけでなく必ず人と物との関係で成り立ってます。
建物は建築学ですが、人の住まいや人と建物との関係(住環境)をいうのが住居学です。
衣食住の「住」の部分のことを勉強するのが私の行っていた住居学科です。

最近、「食育」という言葉が一般的にニュースなどできかれるようになってきましたが、まだ当時は講義の中できいた気がします。
住居学ですら、「何それ?住宅のこと?インテリアのこと?」と言われていたので、「住教育」はまだ一般的ではありませんでした。
私は卒論をその「住教育」をテーマにしました。
住宅問題論などを習うと、
「人は住環境によって性格や家族関係や人生までも変わってしまう。
何が問題なのか分からないまま、大人になってしまっている人がたくさんいる。
このままでは、ダメだ。
子どものうちからみんなが住居学を習えばいいのに!」
と思ったからでした。
まわりはほとんど卒業設計だったので、ちょっと変わっていたと思います。
テーマは小さい子どもでは無く高校生を対象に研究しました。
まだ、家庭科の中でも住居について習うのは一般的でなく、数少ない高校で数時間やっている程度でした。
今、現在の高校生は「家族」や「住まい」をテーマに数時間でも習う機会があるのでしょうか!?
普段、この頃の熱い思いを忘れてしまってますが、建築の設計の仕事をするうえでの私の根っこになってます。

「住教育」といって大そうなことをしなくても、「ちいさいおうち」の絵本を読んだり、どんぐり保育園さんの木で囲まれた環境で過ごせば、自然と小さいうちから「住まい」に対する意識が身につくのになぁと思います。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2007-09-19 20:11

『ちいさいおうち』 


f0047576_13141275.jpgf0047576_1314253.jpg









今日は絵本 『ちいさいおうち』 (作・絵/バージニア・リー・バートン 岩波書店)を紹介します。今までは 子供達のために 買ったり 借りたりしてた絵本ですが 少し前 読み聞かせに関する講演をきっかけに 私自身も絵本を楽しむようになり 自分用に買った絵本です。絵はやわらかく やさしい色づかいで 絵を見ているだけで 和んでしまいます。

田舎のりんごの木とひなぎくが咲く丘にあった 『ちいさいおうち』 季節の移り変わりを楽しんでいたのですが 時代が流れ廻りを開発され ビルの谷間で人々に忘れ去られてしまう... ある日この家を建てた子孫にあたる人が 『ちいさいおうち』 見つけ 以前のようなりんごの木とひなぎくが咲く田舎へ引越しをする...というお話です。

便利さが求められるこの時代に 失ってはじめて分かる 大切なものを教えてくれています。そして長年住み続けられる 『家』 の大切さも...
文が長いのでまだ早いかなと思っていましたが 4歳の娘もお気に入りの1冊です。 
〔suzu〕
[PR]
by FITz-sun | 2007-09-18 13:23 |

色鮮やか!

今週は気温も30度も超えなくなり、過ごしやすくなりましたね。
インターネットのピンポイント天気予報は時間ごとに予報が変化していって、雨だったのが晴れたり、晴れだったのが雨が降ったりします。でも頻繁にチェックしてしまいます。f0047576_1954782.jpgf0047576_196640.jpg
暑くなくなったからか、現場では花や実が鮮やかに彩ってます。
植物の名前は詳しくないので、今度、お施主さんに名前をきいてみたいと思います。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2007-09-14 19:17 | 通りぬけ土間の家

INAX 土・どろんこ館

新見南吉記念館の次は常滑市のINAXライブミュージアムへ行きました。
まず、ここのレストランでランチをして午後から陶楽工房でタイルの復刻絵付け体験しました。
最初は簡単かなぁとやり始めたのが、完成までの道のりは遠く3時間やってとっても疲れました・・・。作品が来るのは今月末で、出来上がりが楽しみです!
この日は建築家の香山壽夫先生の講演会が4時からあって、ぎりぎりで間に合って聴くことができました。「建築の母なる大地 父なる空」と題して、泥でつくられた建物やフランク・ロイド・ライトの建物や先生の設計された建物などの写真をスライドを使って行われました。
講演が終わってから土・どろんこ館を見学しました。
特別展は「水と風と光のタイル―F.L.ライトがつくった土のデザイン」で、旧帝国ホテルのタイルの展示がされていました。
その後レストランでの交流会に参加して、ちゃっかり飲み物とピザとパスタをいただきました。
f0047576_18325836.jpgf0047576_1835243.jpg
f0047576_18334843.jpgf0047576_18341377.jpg
f0047576_18362086.jpgf0047576_183717.jpg
f0047576_1838027.jpgf0047576_18382494.jpg
土・どろんこ館の印象としては、土を使った建物なんだけれど、泥くさくないキレイ系でまとめてありました。もっと荒々しくてもいいのでは!?と思いました。
館内では、版築の外壁をつくっているところの映像が流れていて、施工工程に興味を持ちました。
1日ここで過ごせますね。今度違う体験をしにまた来たいです。
常滑はセントレアが出来てアクセスが良くなりましたね。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2007-09-13 18:32 | 建築探訪旅行

新見南吉記念館

先週土曜日は、〔kimu〕さんと〔nana〕さんと愛知県に行きました。
午前に半田市にある新見南吉記念館を訪れました。
一見、地面も建物も手入れされた芝生で一体化されてます。柵があって建物の丘には登ることはできませんよ。
敷地内は公園になっていて、散歩している人がいましたし、帰りはお弁当を食べている人もいました。
ただ竣工してから10年以上経っているので、主要道路に面する外観の切り立ったコンクリート打ち放しの外壁が裏方に見えてしまいました・・・。
f0047576_17343918.jpg
f0047576_17352422.jpg
f0047576_17361126.jpg
f0047576_17365180.jpg新見南吉さんといえば、童話「ごん狐」や「手袋を買いに」が有名ですね。
あらためて作品を見てみると、子どもが読むにはちょっと残酷なシーンもあるなぁと思いました。
新見南吉さんの生涯のコーナーでは恋のお相手のことも書かれていたり、29歳の若さで病気で亡くなる前に弟さんへ宛てた「借金を頼む」の遺書には驚きました。
f0047576_17374852.jpgf0047576_17383875.jpg
〔nana〕さんはすっかり落ち着いたミセスになってましたが、建物の写真を撮っている姿は変わらないなぁと思いました。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2007-09-12 18:13 | 建築探訪旅行


心安らかに仕事を楽しむ


by FITz-sun

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

まち

家具
暦&季節&天気
樹&花
設計事務所・若葉マーク
建築探訪旅行
コンサート&ライブ
たべもの
TV
気になるもの
ECO
家作りのお財布
お知らせ
タウン情報
住宅
富士山を望む家
S.H.ハウス
桟橋のある家
米松の家
K.I.HOUSE
幸のいる家
S邸
茶畑の見える家
T.N.ハウス
渡り屋根のあるコートハウス
海小屋の家
エコハウス「きづきの家」
板倉の家
片付けられる家
M山荘
桜通りの家
S.Iハウス
ピアノ室のある家
通りぬけ土間の家
石風呂のある家
カフェレストラン「LENRI」
光格子の家
ふたりの家
庭山の家
街の家
山の家
中庭の家
N.O.ハウス
もみじを愛でる家
未分類

タグ

(431)
(424)
(102)
(28)
(21)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(1)
(1)

リンク

以前の記事

2018年 08月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
more...

お気に入りブログ

アドさんの東奔西走記
道 草
静岡 清水 沼津(し...
静岡 清水(しぞーか)木...
レンリの木の下で
HYGGE ~デニッシュ...
旧ナカムラアトリエブログ
~静岡とご飯と雑貨と建築...

最新のトラックバック

【建築情報】「赤縞」
from 「Good Job! 静岡」..
0.01まで低下した視力..
from 視力回復手術をしない視力回復..
ステンドグラスの作り方
from ステンドグラスの作り方
佐野厄除けの事件
from 佐野厄除けの事件
無添加ファンデーション
from 無添加ファンデーション

検索

その他のジャンル

最新の記事

夏季休業のお知らせ
at 2018-08-08 12:12
my birthday
at 2018-01-12 10:00
年末年始のお休みについて
at 2017-12-27 17:06
お盆休みについて
at 2017-08-02 15:49
GW休みについて
at 2017-05-01 12:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
建築・プロダクト

画像一覧