<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

直島

去年の初め、毎日忙しく実務に追われていたので、
初心の心を取り戻そうと、〔nana〕さんと春分の日の3連休で旅行を計画しました。
行き先は香川県の高松プラス直島で、安藤忠雄建築が中心でした。
香川県は世界的な建築家設計の建物が多くありますねぇ。

1日目は
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 (谷口吉生設計)
イサムノグチ庭園美術館
f0047576_15383732.jpg
2日目は
四国村 (四国村ギャラリー 安藤忠雄設計)
栗林公園 (かなり素敵な庭と建物でした!)

3日目は
玉藻公園
地中美術館 (安藤忠雄設計)
ベネッセハウス直島コンテンポラリーアートミュージアム (安藤忠雄設計)


f0047576_23444080.jpg見に行ったものは全てメイン所ですが、
一番はやはり地中美術館がお目当てでした。
直島へはフェリーで行き、港からは1日に何本も無いバスで向かいます。
入館料は2000円で、時間をかけて行くにもかかわらず、
入場制限がかかるほど大勢の人がやってきていました。
外観はほとんど見えない建物です。
f0047576_23565248.jpg何が一番印象に残っているかと言うと、芸術作品でも建物でもなく、海に向かって食べることのできる地中カフェでの雰囲気と景色です。
カフェの海側にカウンターがあり、全面ガラス張です。
ピクニック気分で外に出て食べることもできます。
バスの時間さえ気にしなければ、もう少し海を見ながらボーとしたかったですね~。

続いて、ベネッセハウス直島コンテンポラリーアートミュージアムに行きました。
そういえば、この建物も石が使われていますね!
前に行った時に宿泊棟を見学したことがありますが、建築的にはこちらの方がインパクトがあります。
前面がガラス張のオーシャンビューで、ここに泊まるのは憧れです!!!

直島の家プロジェクトは時間切れ・・・で外観のみ見学しました。
島の見学時間は短く、夕方になると人はほとんどいなくなりました。
時間に追われて見学するのではなく、【ゆったりと時間を過ごす】
そんな所です。

直島は小さな島だけれど、全国から人を呼びよせる魅力があります。
芸術的な建物が少しづつ生まれ成長していて、リピーターが多いのではないんでしょうか。
今度は日帰りでなく、何日か滞在したいです!
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2006-02-28 21:11 | 建築探訪旅行

カタログ

f0047576_2175651.jpg

今日、事務所にてお施主様との照明器具の打ち合わせがありました。
私は、担当ではないのですが、先日、照明器具等を選んだばかりなので、思い出しました。
たくさんあるカタログから自分の求めるものを見つけるのはとてもたいへんです。
上の照明器具のカタログの山!!!
すごいですよね。隣にあるのは60cmの定規です。
現在、貸し出し中のカタログもたくさんあるので、本当はもっとになります。
この写真撮影のために運ぶのにも、力自慢の私でも3往復必要です。
現在は、インターネットでもいろいろな商品が出ています。
情報があふれているのです。
似ているようで、微妙に違うものもたくさんあります。
その中での、自分の欲しいものを見つけるには、体力が必要ですね。
それでも、苦労してでも選びたいのは、それだけ家に対する想いが強いということ。
苦労した分だけ、出来上がりは満足できるんだと思います。
そのお手伝いを出来るように、いろんな情報に目を向けていたいと思います。
そして、その情報の良し悪しを判断できるようにならないといけないと思います。

〔kimu〕
[PR]
by FITz-sun | 2006-02-27 21:24 | 設計事務所・若葉マーク

竣工間近

今日は『山の家』と『街の家』の竣工前のチェックをお施主さんと共に行いました。
うちの事務所(住環境研究所)のホームページのGenba now は
足場撤去で止まっていますが、
来週、浜松市の完了検査とお施主さんへの建物引渡しへと続きます。
お話があってから、設計→建物完成へと2年くらい年月が経ちました。
スタートまで振り返って、何にも無いところからここまで出来たことを思うと「しみじみ」してしまいます。
設計図&模型で建物完成の想像をしていた時より、実物はとっても良くなりました!
f0047576_210917.jpg
f0047576_2134511.jpg

色、素材感、照明の光、家具、カーテン、外構、植栽等のマジックでしょうか。
言い換えると、同じ図面でもそのバランスを間違えると設計時での想像よりダウン↓してしまう恐れがあります・・・。
良い建物になったのはお施主さんの熱心さとこだわりですね。
お施主さんはとっても勉強されていて、こちらが勉強になることばかりです。
そのうえセンスが良いんですよね~。
住まいづくりの研究論文が書けて、建築家or監督デビューが出来そうな感じがします。

近々、竣工写真をUPしますので、期待して待っていてください。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2006-02-25 20:46 | 街の家

設計屋さんor監督さん

最近現場に行くと、職人さんから「監督さん」と呼ばれることが多いんですねぇ。
前は「設計屋さん」と呼ばれていましたが、
オープンシステムという分離発注方式を始めてからです。
顔なじみの方は名前で呼んでくれるけど、
その日その場限りで会う方は名前を知らないから、
呼びかけるのに言いやすいんだと思います。
「監督さん」と呼ばれるのは、なんだか違和感があって、
「監督さんじゃあないのになぁ。設計者が直接、現場指示をしているだけなのに・・・。」
と思ったりして。
まぁ、「センセイ」と呼ばれるよりはいいですが・・・。

私達の仕事は設計現場監理と大きく分けて2つあります。
設計をやっている時は事務所で「こういう風にしたいなぁ」と思いながら設計の世界に入って図面を書いています。
1日事務所のパソコンの前に座っていて、事務所内の人と話すのがほとんどです。
現場監理の仕事は、事務所の外に出て、いろんな人と会い、電話で話をして、
とってもテンションが上がります。
工事の進みは待ってくれないし、いろんな職種との関わりがあります。
事前の準備とその場での判断と柔軟な対応が必要です。
設計現場監理では右脳、左脳と使っている脳が違う気がするし、
アドレナリンの分泌量も違う気がします。
なんだか性格まで変わっている気がしてしまいます。
f0047576_091114.jpg

←仕事用の携帯電話
(現場が有る無しで電話料金に開きあり!?)




〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2006-02-23 22:19 |

ブログ開設1ヶ月

事務所でブログをはじめて、ひと月が経ちました!!
スタッフ皆で書いておりますので、予想外に続いております。
ブログをはじめてからの日々は、建築カタチの発見等(ブログネタ)を意識しながら、過ごすようになりました。
その意識を設計にいかせればいいなと思ってます。
ブログを見に来てくださる皆様、たぶん身内だと思いますが(事務所内がほとんどかも!?)見に来てくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2006-02-21 22:38

古材床板

f0047576_1233450.jpg左の写真の玄関床板は、お施主さんがご近所の方の住宅解体時に、3枚あった床板のうちの1枚を買われてきたものです。巾が3尺、長さが6尺(畳1帖分)あります。ちなみにご近所の方は新築時に2枚、玄関の壁板にされたそうです。
大工さんに表面をきれいに削ってから取り付けてもらい、お施主さんが未晒し蜜蝋ワックスを塗りました。今はすごくいい味が出てきています。
f0047576_1235151.jpg大工さんにとっても苦労して取り付けてもらったこの床板ですが、冬のFIT'z solarの床暖房使用時に床板が乾燥して、フローリングとの間に隙間ができてしまいました・・・。
でも、梅雨時にはこの隙間は無くなるんですよ。
幅広の板はすごく調湿するんですね。



四季を経て様子を見ていたのですが、隙間を埋めることになり、
今日は大工さんにこの床板の隙間埋めをしていただきました。
実験的に、隙間に接着剤を付けないで同じフローリング材を叩いて埋めこみました。
梅雨時に湿気を吸って床板が盛り上がらなければ、1枚フローリングを張りなおします。
今度は梅雨時にどうなっているのか見にいく予定です。
〔haru〕
[PR]
by FITz-sun | 2006-02-19 11:40 | 住宅

クラリネット・クワイアー

f0047576_11264982.jpg今日、浜松福祉交流センターで行われた浜松クラリネット・クワイアーの演奏会に行って来ました。
クラリネットの演奏を聴いてゆったりした気持ちになり、癒されましたねぇ。
友人が出演しているので何回か演奏会に行っていますが、初めて行った時はクラリネットの種類の多さに驚きました。
高音(小さい)ものから低音(大きい)ものまで6種類あります。

f0047576_1127455.jpg指揮者の方が「打楽器を使わないでクラリネットだけでどこまで表現できるかが、クラリネット・クワイアーのポリシーだ」とおっしゃっていました。
音だけ聴いていると、本当にクラリネットだけとは思えないです。
今日はそれを超えて、
L.アンダーソンの「シンコペイテッドクロック」と
「タイプライター」の曲で、
目覚まし時計とタイプライターを楽器として使用していました。
音がでるものは何でも楽器になるんですね。

楽器が演奏できる人ってかっこいいです!!!
憧れます。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2006-02-18 23:31 | コンサート&ライブ

基礎立上りコンクリート打設

-設計事務所・若葉マーク-

今日は、基礎立上り部分のコンクリートを打ってきました。
コンクリート打ちはその日の気温などがとても大切です。
暖かいと、表面だけすぐに固まってしまって、ヒビがはいってしまうこともあります。
また、打ち始めから打ち終わりまでの時間も大切です。
始まりと終わりの部分が同じになる事が多いので、時間差があると、打ち継ぎ部分
が目立ってしまいます。
また、ポンプ車から始めに出てくるコンクリートは強度があまりないので、破棄します。
f0047576_16502792.jpg

流し込む時は、ホースで流し込んでいる人の隣に、バイブレーターをしているひとが居ます。
f0047576_16521389.jpg

右の人がバイブレーターを持っています。
バイブレーターをやると、コンクリートの中の空気が抜けて、気泡などができません。
f0047576_16534244.jpg

左のように、アンカーボルトはアンカー留めで留められ、動かないようにします。
また、右のように、磁石でどこまで流し込むかを分かるようにします。
この後、天端がきれいになるように、レベラーによる天端均しをします。
流し込むだけで、水平が出るものです。
そして、コンクリートが固まるのを待つために今回は10日待ちます。
次回は、その時に・・・ですね。
お待ち下さい。

〔kimu〕
[PR]
by FITz-sun | 2006-02-17 16:54 | 中庭の家

去年の春に〔nana〕さんと高松&直島、
秋は〔nana〕さん、〔yama〕さんと栃木&群馬建築見学ツアーに行きました。
〔nana〕さんがとっても細かくツアースケジュールを組んでくれて、
2泊3日で充実した内容になりました。
2つの旅行での共通テーマは「石」
石の産地に行ったので、どちらも石をうまく使った建築に出会いました。
石にビビビ!!!とくるものがあったんですよねぇ。
香川県高松市牟礼町のイサム・ノグチ庭園美術館
f0047576_1554277.jpg

栃木県那須町の石の美術館 STONE PLAZA
f0047576_1513135.jpg

行く前に写真を見て想像するのも楽しいですが、
実際にその空間に行って「感じる」・・・。
それが、建築を見る楽しみです。

その時はこんなふうに木・左官・紙等の素材プラス「石」をうまく使った設計をしてみたいなぁと思いました。
そう思っていたら、『長い石壁のあるカフェレストラン』のお仕事に出会えました。
思っていれば通じるんでしょうか!
また、時間が有る時に心に残った他の建物も紹介しますね。
〔haru〕
[PR]
by Fitz-sun | 2006-02-16 21:47 | 建築探訪旅行

アンカーボルト

今日から始めました!!!!
『設計事務所・若葉マーク』
現場での驚きや納得・発見などを設計事務所1年目のkimuが書いていく予定です。


☆2006.02.15  基礎立ち上がり配筋検査☆

朝、担当者が体調不良で休みのため、初めて一人で現場に行ってきました。
頼まれていた図面を渡して、変更事項を指示をしてきました。

夕方、所員の一人についてきてもらい、検査を行いました。
土台と基礎のコンクリートをちゃんとつなげるためのアンカーボルト。
f0047576_1856135.jpg

左がホールダウン金物用のアンカーボルトです。
アンカーボルトは仮留めで、後日にはアンカー留めをつけて、垂直を保ちます。
位置や高さを確認。
地味な所ですが、家の土台となる基礎部分。
大切な所なので、高さや長さ、傾いていないかは何回もチェックします。
位置は、柱の位置や筋交いの位置によって決まります。
さすがに、自分で勉強してチェックするのは難しいと思うので、
お施主様がチェックできることは、型枠の真ん中に鉄筋やボルトがきているか。
(鉄筋が真ん中を通っているので、アンカーは必ずしも真ん中にはならないのですが・・・)
そして、型と型が同じ間隔で真直ぐいっているか。
型枠がちゃんととまっているかどうか・・・
なんてどうでしょうか?
こだわる家づくりをして、現場にも行きたいという方。
設計事務所や工事している方にも任せるのはいいですが、
時間と余裕があったら、ちょっとだけチェックしてみてはどうでしょうか?
今、違法建築や欠陥住宅がTVなどでも話題になっています。
『ちゃんとやっているので大丈夫です』と言われても、不安にはなると思います。
そんな時にちょっと知識があれば、4度目、5度目・・・とかのチェックになると思いますが、
自分でも出来ます。

こんな風に書いている私もまだまだ『初心者マーク』。
本で読んだだけではわからない、実際に経験した家づくりを
書いていこうカナと思っていますので、宜しくお願いします。

※『こんな所もチェックした方がいいぞ』 『これはどうなんですか?』
  などのコメントお待ちしております!!!!!

〔kimu〕
[PR]
by FITz-sun | 2006-02-15 19:14 | 中庭の家


心安らかに仕事を楽しむ


by FITz-sun

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体

まち

家具
暦&季節&天気
樹&花
設計事務所・若葉マーク
建築探訪旅行
コンサート&ライブ
たべもの
TV
気になるもの
ECO
家作りのお財布
お知らせ
タウン情報
住宅
富士山を望む家
S.H.ハウス
桟橋のある家
米松の家
K.I.HOUSE
幸のいる家
S邸
茶畑の見える家
T.N.ハウス
渡り屋根のあるコートハウス
海小屋の家
エコハウス「きづきの家」
板倉の家
片付けられる家
M山荘
桜通りの家
S.Iハウス
ピアノ室のある家
通りぬけ土間の家
石風呂のある家
カフェレストラン「LENRI」
光格子の家
ふたりの家
庭山の家
街の家
山の家
中庭の家
N.O.ハウス
もみじを愛でる家
未分類

タグ

(431)
(424)
(102)
(28)
(21)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(1)
(1)

リンク

以前の記事

2018年 08月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 04月
more...

お気に入りブログ

アドさんの東奔西走記
道 草
静岡 清水 沼津(し...
静岡 清水(しぞーか)木...
レンリの木の下で
HYGGE ~デニッシュ...
旧ナカムラアトリエブログ
~静岡とご飯と雑貨と建築...

最新のトラックバック

【建築情報】「赤縞」
from 「Good Job! 静岡」..
0.01まで低下した視力..
from 視力回復手術をしない視力回復..
ステンドグラスの作り方
from ステンドグラスの作り方
佐野厄除けの事件
from 佐野厄除けの事件
無添加ファンデーション
from 無添加ファンデーション

検索

その他のジャンル

最新の記事

夏季休業のお知らせ
at 2018-08-08 12:12
my birthday
at 2018-01-12 10:00
年末年始のお休みについて
at 2017-12-27 17:06
お盆休みについて
at 2017-08-02 15:49
GW休みについて
at 2017-05-01 12:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

中部
建築・プロダクト

画像一覧